2016年10月06日

急激な変化


中国人を中心とするアジアからの観光客に大きな変化がみられます。

10月1日から中国の国慶節休暇がスタートしましたが、週末外国人観光客が多く利用する京都東山の市バス路線を利用しました、従来なら清水寺のバス停では乗り切れないほどの観光客が乗り込んできますが、日曜日の6時頃は何があったんだろうと言う位閑散としていました、行きつけの八坂通り近くの焼き鳥屋さんも以前はひっきりなしにアジアの観光客が来ていましたが、日曜日は皆目。

店主に伺っても最近全然来てないとの事、物から事に変わって来ている事は感じていましたが、あまりの行動変化の速さは尋常ではありません、SNSの影響は日本人とは比べ物にならない位拡散するのが中国人、観光関係の発表でも去年並の来日観光客がある様なので、一体何処に行っているのか?

温泉?地方?SNSの情報を読み取る事が集客の味噌か?

あくまで私の私見ではありますが!

先日の日経MJの記事です、先日視察に行って来たバンコク、スクンビット地区に新たに出来た、高級スーパー「SHINSEN」が取り上げられていました、本当にビックリする高級感、それと斬新なレイアウト、照明の暗さは日本のスーパーとは正反対、それが逆に落ち着きと高級感を醸し出していました、是非日本のスーパー関係者の方は視察されれば良いと思います。
日本の大型スーパーのフードコートとは格段の差、ここでなら食べてみたいと思わす心を擽る何かか有りました。

AFA10189-9C04-421E-92E0-C8C46F283312.jpg


生簀には北海道の蟹がわんさか、かなり高かったですけどね。
4DE4C848-51CE-4BD0-924A-D95F194CB31E.jpg


posted by オリカ産業常務取締役 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png