2019年12月28日

締めくくり

2019年.令和元年最後のアップとなります。
年の締めくくりですので少し今年の話題で締めくくりたいと思います。

一番大きくて嬉しい話題は天皇陛下の即位ですね、令和元年の始まりです上皇様31年間ありがとうございました、そしてお疲れ様でした。

私達にとって良いか悪いか判断しがたいのは消費増税、国の借金を考えると上げざるを得ない税金ですが、私達国民の税負担は近年増える一方。

そして近年の温暖化が原因と考えられる、気候異常による災害、台風19号による東北、関東地域の被害、天候異変による災害は毎年の様に発生し、稀な事ではなくなりました。

ワールドカップ日本開催では国民皆んなが盛り上がり応援にヒートアップし、従来あまり注目されなかったラグビーが関心を集めました。


私達業界に大きな刺激を与えたのが海洋プラ問題、海亀の鼻にストローが刺さって血を出してる映像が私達消費者に大きなインパクトを与えました、私達が日頃何気に消費している便利で安価なプラ製品の負の部分がクローズアップされました。

その問題に端を発し、海洋汚染というキーワードではなくプラスチック製品全てを対象とした環境問題に発展して参りました、今年の流行語になるんではないかと思えるほど紙製ストローが注目を集めました。

その影響で日本ではレジ袋の有料化に省令改正され来年7月から実施されます。

京都府亀岡市に負けず他国ではタイ小売業協会主導で来年1月1日より2万4500店舗対象にレジ袋の提供停止を実行するそうです。

一昨日の話ですが、ローソン100が企画販売された100円均一の33アイテムのおせち料理、3千円代でお節料理が揃えられるという触れ込みで情報番組で取り上げられ25日13時からの発売だった様ですが、販売開始前から列をなし、すぐに売り切れが発生し、26日では既に完売で購入すら出来ません。
私は自宅近くのお店で残っていた3アイテムを購入する事が出来ました。
EE2A7696-7E95-4A02-8AF4-8625ADB3CAEB.jpg
お節業界でも様々な取り組みがなされ企業間、価格帯、メニューによる優勝劣敗がはっきりしてきました、来年から人出不足対応として元日休業のコンビニ、ファミレス、スーパー、量販店が増えて来ました、これからもこの波がすすめばお節料理の拡大にも繋がるかもしれません、まだお節料理の拡大が見込めると予想されるお節メーカーの経営層の見解もお聞きします。

そんな一年を振り返りましたが、年初に計画した事がどれたげ実現できたか?疑問は残りますが前に進むのみです来年も世間に遅れを取らない様全身全霊で頑張って行きたいと思います。

2019年一年間お付き合い頂き有難うございました、子年2020年、オリンピックイヤーも引き続きよろしくお願いします。
それでは皆さま良いお年をを。


posted by オリカ産業常務取締役 at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

01.png