2020年11月22日

泳ぎ疲れて・・

いや〜な雰囲気になってきました。
徐々に回復傾向で業績も戻りつつありましたが第3波の拡大で消費者の意識は一気に下がりました。
第1.第2波の時と同様人出が多い所が避けられ郊外型の店舗に流れてる傾向がみられます、梅田の百貨店では既に影響が出ているとの情報です、こうなるとまたデリバリーやECの流れが加速することも想定できます、お節の販売状況も好調ですが更に拍車がかかるかも知れませんがお節の生産、供給は追いつかないでしょう。

gotoキャンペーンの影響で回復に向かっていた旅行、外食も息切れ、goto eatでは既に予算を使い切り大半のサイトで終了、それよりもgoto自体の一時停止、見直しが発表されどんなことなるのか心配されます、飲食店ではなんとか先が見えかけた矢先のこの状況、岸が見えようやく辿り着くと思った瞬間いきなり岸を見失った様なイメージです、精神的にも厳くなりますね、この影響がとっても心配になりますコロナとの戦いはまだまだ続きそうです。


京都のランドマーク洋菓子となりつつある茶の菓の「マールブランシェ」さんが10月にオープンした工場直販型店舗「ロマンの森」に行って参りました、先日より一度は視察がてらと思っておりましたが、駐車場に入る所からの行列でとてもその気になれませんでしたが先日平日の昼間通りすがりに入店する事ができました、それでも駐車場は満杯、店内も多くの行列でごった返していました。

この店舗では洋菓子も去る事ながらクロワッサンを売りにされてる様です、実演型オープンキッチンで作られたクロワッサンを目の前で販売されます、整理券や購入制限が設けられています。
103A2687-ED4E-47BB-B539-2EC3C39E70F4.jpg5A6D9367-8C2A-4547-9BBB-9551F109E7ED.jpg



この状況が落ち着いたら是非ご利用ください。

posted by オリカ産業常務取締役 at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

迷う所ですが・・

新型コロナの第3波の真っ只中1波、2波より大きな波の現状、gotoキャンペーンの影響で旅行客や外食が増加傾向なのは間違いありませんがアクセルとブレーキのバランスは難しい判断に迫られていますが私達一人ひとりは出来うる限りの感染防止を実行するしか有りません。

京都では1年間で1番の書き入れ時である行楽シーズンが目の前に来ています、巷の情報では宿泊施設の予約がかなり好調だと、感染拡大が懸念されるこのタイミングではかなり微妙な状況になってきました。

そんな京都で人気のスイーツ店に行ってまいりました。
昨年オープンされた栗のスイーツ専門店「沙織」木屋町四条から南に数百メートルの鴨川沿いにある町家を改装された京都独特の雰囲気のお店。
24477FFE-9E6F-4FE3-8431-7004FBF3C679.jpg3FCFA0E4-1EA0-461D-8A4B-BB7733E1C548.jpg

いつも行列が出来ていましたので何のお店か気にはなっていましたが、先日思いきってチャレンジしました、思い立ったのが朝8時前直ぐに車で出掛けまずは整理券ゲット、お店のサイトでは10時オープン、整理券配布は9時とされていましたが実はこの時季7時から配布されてるようでした、8時過ぎ私がゲットしたのは68番、この時季ならではの丹波栗の和栗モンブランは100食限定、微妙な順番と思っていましたが68人目では有りません68組目と言う事です、案の定限定丹波栗は売り切れ完売、仕方なく国産品「和栗」のモンブランを注文いたしました。
118B643D-4648-4987-9062-2067623A5908.jpg07B04F06-DD78-42D1-8E56-02AB38316AE8.jpg52BF383E-30F1-466F-917B-5AA7F44DA711.jpg

このお店の売りは栗のペーストを独自の器具で1ミリの細さで山盛りにトッピングする所をお客さん毎にパフォーマンスを魅せる事です。

goto利用での京都観光は絶好のタイミング、感染防止を徹底してお越しくだされば嬉しいのですがこの現実なので・・迷う所です。



当社ではECサイトの充実を目的にサイトのリニューアルを進めています、その一環でInstagramの企業サイトを開設いたしました、今後出来る限り優良な情報発信を心がけますのでブログ共々よろしくお願いします。

@orbakoya.jp



posted by オリカ産業常務取締役 at 06:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

私のソウルフード

幼い頃の思い出、ソウルフードを久しぶりに食べました。

チョボ焼き

どんな食べ物か?
一銭洋食の四角い版と言えばわかりますか?
小麦粉を溶いた生地に竹輪、天かす、コンニャク、生姜などをトッピングして焼いたお好み焼きのミニ版みたいな感じ
特徴は焼く道具、銅板に小さく丸い窪みがあり取手がついてるチョボ焼き専用鉄板、手のひらサイズで何枚でも食べれます
88ADFB69-4E1D-4F8C-B53F-3F31AE72F2A2.jpg
私の記憶では小学校時代一枚5円だったと思います、今回5枚で750円ですから150円なんと30倍。
自宅から徒歩圏内のお好み焼き屋さんで提供されてます本当に懐かしい食べ物です。

私が幼い頃食べてたところは京都でも長い間蓋をされた街、「すうじん地区」ネットでも出てきますが区別、差別された街です、この街で幼い頃よく遊んでいました、幼い頃なのでそこがどんな街なのか考える事もありません、だだ友達が居てそこで遊ぶだけ。
そんな街のソウルフード、長屋や古びたアパートが密集する街の家の軒先ではおばちゃんが焼いてくれてました。

そんな街も立ち退き、取り壊しが進んでいます、2023年に京都芸術大学が移転してきます、京都駅から徒歩数分の一等地に大学が出来るのです、あまりに大きい土地なので近くに来られたらすぐわかると思いますが。

そんな京都のアンタッチャブル、興味のある方は下記サイトを

もう一件
食レポです。
岡山県長船、名刀で有名な街。
ここには当社の協力企業様がありちょくちょくお邪魔させて頂きます、その度にこのお店はお決まりコース、本場四国のうどん店タイプ。

麺の量を1玉、2玉から選んで自分で麺を湯がきお出汁も濃口、薄口から選択して麺の鉢に注ぎます、トッピングの天ぷらも様々な種類があり選ぶ事も楽しみ、でもここの売りは麺の原料です、国産厳選素材の小麦を自家製粉、普通のうどん麺は真っ白ですがここのおうどんは少し色付いて黄ばんでいます、その麺に味があるのが特徴、おにぎり、ちらしすし、稲荷寿司などのご飯類も充実
37FAE75C-6AE9-48B8-9A67-48ED8CE4B1F8.jpgE4DB3B5B-8AD7-46CC-88CA-FB99221E344B.jpg
このお店の目の前には河川敷のゴルフ場が有りますが、渋野日向子さんがよく来られていたそうです。

posted by オリカ産業常務取締役 at 06:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

ファベックス関西2020ご紹介

先日開催のファベックス関西2020の当社ブース展示風景のご紹介VTRが完成致しました、下記URLからご覧ください。
思いのほか沢山の方々に来場頂きました皆様の情報収集の重要度を実感致しました、少しでもお役に立れば光栄です。

posted by オリカ産業常務取締役 at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

大阪ブランド


大阪都構想2度目の判定も僅差で否決。
京都住まいの私には投票権は有りませんが日中大阪で過ごす私には身近に感じる問題です。

どちらが最適か?多くの府民の方は判断し難い課題でしょう、しかし今のままで良いと思っている人の数は少ないと思いますが、今回も変わる事、変化する事への不安が勝ったと言う事でしょう、結果は否決ですが変わらない事が可決されたと勘違いせず改革を進めて頂きたいと思います。

SDG sの一環か、植物肉の提供が進んでいます。

大豆は牛肉などの生産に対して環境負荷が少なく、消費者の関心が高い事から普及が進んでいる様です、外食チェーン店でも人工肉のメニューをラインアップされ注目されています、展示会などでも食品メーカー、商社が挙って販促を強化しています。
試食しましたが食感は鶏肉に近くもはや肉の感覚ですね。

発展途上国の食品需要の拡大から考えても必要な取り組みだと思います、食も時代の変化が進んでます。

食絡みのお話です、大阪発お菓子ブランド『グリコポッキー』が世界一の売上でギネス認定だそうですね、今では記憶のある人も少ないかも知れませんが、『食べたら◯◯で』とグリコ森永事件が思いだされます、かい人21面相を名乗る犯人は捕まらず時効を迎えましたが・・
36年前の出来事です。

戎橋のビルに掲げられるグリコランナーの看板は大阪の代表的なランドマーク、そのグリコさんのポッキーが世界一ですから大阪ブランドも更に有名になりそうですね、私も幼い頃から馴染みあるお菓子、大人になった今でも夜の歓楽街では突出しの定番。

11月11日記念すべき『ポッキーの日』と定められた様です。

ファベックス関西2020では多くの方にご来場頂きました、感染病の影響でご無沙汰している方々ともお会いする事が出来ました、今回の催しで一番の成果はお客様、協力企業様のご担当の方々のお元気な姿を拝見出来たことです、リモート、オンラインが主流の今直接的な人と人との交わりは欠かせない人間のコミュニティです、こんな時期だからこそこの交流が最も大切だと気付きます。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png