2019年03月25日

引退とは?

イチロー選手が引退を表明しました。
このタイミングで私自身と重なる部分を感じましたので、少し触れたいと思います。

私自身も引退を考える年齢となりました、アスリートとは違い、私達ビジネスパーソンは体の衰えより頭脳の衰えが引退のタイミングではないかと思っています。

ビジネスの世界で生きている以上、その世界の感覚、スピードなど培った触覚が機能しているか、ずれてきていないか?が最終的な判断、決断ポイントとなるでしょう。

綺麗な引き際で表現すると「花は咲いてるうちが花」綺麗なまま最後を迎えると言う一つの散りかたです。

若い時から引退される方々を見ながら自分自身はこの考え方が自分の人生観だと思っていました。


しかし社会、国など全ての環境が変化した今、そうなのか?

手前味噌なから、最近になってようやく自分の社会人人生に誇りや、それなりの人間になれたと思える様になりました、それは年齢、経験、キャリア、人との関わりが年輪のごとく刻まれた証です。
 
最近高齢化が進み人生100年と言われますが、そうなると私などまだまだ赤子扱いです、経験は何事にも変えがたい貴重な人間形成の礎です、歳を重ねれば必然的に形成されるものです。

でいつ自分自身に区切りをつけるのでしょう?
社会、会社、関わる人達全ての役に立てるのであれば出来るだけ長く貢献し、関わって戴いた全ての方々、社会に恩返しする事が大事に思える今日この頃です。

でも存在自体が悪か?それとも社会や会社を支える人達の成長の妨げになるなら話はべつですが・・・

イチロー選手長い間、野球ファンならず全ての人々に夢と感動を与えてくれてありがとう。

今回の引退は現役野球選手の引退でしかありません、人生の通過点です、形は変わっても変わらずみんなに希望を与え続けて下さることを祈念しております。


posted by オリカ産業常務取締役 at 06:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

珍しく買えました

先日ちょっと用事で立ち寄ったら、たまたま空いていたので購入しました。

梅田阪急の地下、いわゆるデパ地下、阪急百貨店の客寄せ戦略「コラボ」最近オープンして間がない、カップヌードルで有名な日清が展開する「MOMO FUKU」のオーダーカップ麺
BE10FB03-E048-410A-A758-137886C608C2.jpg692F3999-6CED-4270-B434-A40BFD5023B7.jpgCABB5DD4-A4EF-4A1F-81AB-28BF207315EC.jpg23699BA1-BA2C-49C2-9439-253685B6F44D.jpg
味の方は、私達男子より女性向けのヘルシー&ベジタブル、スープはトマト味を選択、麺も味もインスタントではなくスマートであっさりした出来。
カップ麺を食べた感覚にはなりません、価格もそれなりでしたよ。

あわせてハウス食品が手掛ける、「カレーパンノヒ」も購入出来ました、これは最後の辛口ジャワカレー3個、私で打止めでした、この味は良かった、辛いだけではありませんでした、程よい辛さと甘さのバランス、パン生地も良くもう一度購入したい好みの商品が出来ました。


話は変わりますが、ここに来てようやく消費増税の対応が出だしました。
外食のテークアウトはご存知の通り、低減税率の適用が決まっておりますが外食各社は対応を明らかにしてきませんでしたが、ファーストフード大手が先陣を切りました。

FFB44115-9E3B-4CF5-843D-2C8F24C27351.jpg

私的には、もし店内、持ち帰りで2%の差があるならば、持ち帰りを選択します、全く同じ商品が安かったり高かったりすれば物に対する価値観が有れば当たり前に低価格を選択する事は至極自然、消費者心理でしょう。

これから様々な対応が世間を賑わす事でしょうが、たかが2%されど2%。
消費に対する影響は避けられないでしょうが、キャシュレス化推進のポイント還元は中々魅力ですよね
他方では消費増税前に便乗値上げとみなされないよう、前倒しで商品価格改定が進んでいます、デパ地下の有名菓子屋さんでは4月1日から価格改定の案内が掲示されていました。

今回の増税でデフレ脱却の糸口となるか?それともマイナスに傾くか?
30年間の染み付いた価値観はそう簡単に抜けきれ無いように感じていますが?はたして。

posted by オリカ産業常務取締役 at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

長い様で短い

2月は逃げると言われますが、本当にあっという間に終わり早や3月も10日が過ぎました。

今年も早やめに活動しようと予定をギッシリと入れてた事もあり短いようで長い2ヶ月になりました。
新元号、消費増税の変化の年ですが、なんら手を付けられておりません。

軽減税率の導入により、飲食店はテークアウトによる新需要への取組みが活発になる事を予想していますが、これに関しても具体的には動けていません。
廃プラ問題ですら適切な対策をご提案出来ていないのですから、これで良いのかと自問自答です。

時代、環境の変化にスピーディな対応と口では申してますが、情けないばかりです。

先週から恒例となっています社員面談を始めました、仲間の成長をどの様にサポート出来るか、最も難しい課題ですが、チャレンジし続けるしか道はありません。

様々な人間、個性を活かし幸せな社会人人生を創るお手伝いが出来れば良いのですが・・

今週は重要な会議、社員面談と頭を使う日が続きます、気合を入れて参ります。

話は全く変わりますが、私の住む街京都のランドマーク「京都タワー」ですが、近年ライトアップの色が様々な色に変わっていますが、この色は何の意味が?と疑問に思いましたので、京都タワーのホームページを見てみました、ライトアップのカレンダーが有りました。


posted by オリカ産業常務取締役 at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

平成を締めくくる値上げ

値上げの春と、3月1日から多くの食品の価格改定が始まりました。
41901E8E-71E3-477E-90B5-09DC88CF777B.jpgD60A6F9A-252E-49F3-87BC-B9AE8205B25C.jpg

昨年から続く様々なコストアップから辛抱しきれず実行に至ったのでしょう。

全ての輸送にかかる包装材、ダンボールが15%アップするほどのコストアップでは企業努力云々では対応しきれないと思います。

ただ消費者目線ではまだまだデフレ感覚抜け切らず、ステルス値上げも含め厳しい目線で品定めされる事が予想されます。

消費の二極化、価値のある商品にはお金を払うが、旧態依然の物事の捉え方ならば痛いしっぺ返しに遇う事でしょう。

話はエコですが、日本のエコ対策はデフレの影響があるんのでしょうか?エコよりコスト、エコに対するコストすら消費者に受け入れられない不安が踏み込めない大きな要因かも?

先日の出張先、インドネシアの列車販売のお弁当、既に紙製容器に変更されていました、以前はプラ製の容器だったのに、一方廃プラ問題では排出の多さが指摘されているのでインドネシアですが、まず出来るところからでしょう。
5740C514-0D9B-41F3-A900-3498F7E880EC.jpg38E52AD2-957D-45AF-8316-BBC160CC8161.jpg
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png