2018年12月29日

平成の締めくくり

暖かかった今年の冬でしたが、今シーズン最強寒波が到来です。
平成締めくくりの年末に冬らしい寒さとなりました。

今年の漢字は「災」となりましたが、私的な漢字、1文字では無く2文字ですが、「物流」です。
昨年に始まったヤマトショックの物流問題、留まるどころか益々悪化しています、最近お客様から聞くお話では、運賃負担の問題から消費者の消費意欲の減少で販売不振に至っているとの事。

百貨店のギフトでは無料配送の廃止や削減で消費者の運賃負担にシフトしている一方、テナント店舗に対しても、運賃コストアップ分をロイヤリティに当たる部率の増額で賄う交渉が進んでいるそうです。

問題はコスコも去ることながら需要の減少です、私自身もギフトで本体価格以外に運賃負担が500円とか800円とが請求されるとなんか損した気分になります、せっかく5000円相当の品をお贈りしたと思っていたら実際は6,000円近く掛かった事になり、受け取る側も価値観が異なります。


これからも日本の物流問題は解決の糸口が見えません、ネットで物を購入する事は益々盛んになる一方、物流に携わるワーカーの確保は出来ていません、

447131EE-9C0B-4C7A-8551-7C5EF475C53A.jpg

インドネシアではフードデリバリーも盛んになっています。
インドネシア発、ゴジェック
729EB3E6-3DE5-4582-9FD3-0A8396BBC686.jpgC00AC946-6FA9-49EB-B6F5-B77CD086EA5C.jpg
昼時の街の食堂前、複数台のゴジェックのバイクがランチデリバリーオーダーのフードを引き取りに

インドネシア、ジャワ島の地方都市でもこの様にゴジェックフードのデリバリーは日常生活となっています。

物の移動の物流は利便性ばかりが先行し、拡大していますが、なんでもかんでもネットでクリックして手元に届く、丈夫な体、足が有れば買物くらい行けるでしょう?

お年寄りや体が不自由な方は仕方ありません、健常者はなるべく自分で買物くらいしましょうよ。
そうすれば物流が担わなければならない本来の物流は賄えるでしょう。

来年もこの問題は大きな課題として私達にのしかかってきます。

弊社の業務も昨日で終了致しました、先日は株の暴落がありましたし、今年も色々有った一年でしたが、何とか終える事が出来ました、毎年たわいない話ばかりにお付き合い頂き感謝申し上げます、皆さまにとって素晴らしい一年になる事を祈念申し上げて今年の締めくくりとさせて頂きます。

posted by オリカ産業常務取締役 at 05:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

お正月はお休み

ここに来て見直されています。

働き方改革、少子高齢化による人手不足、経済変化に伴う市場構造の変化などが起因となり、お正月の営業見直しが進んでいます。
私の幼い頃はお正月三ヶ日は殆どのお店はお休みでした、百貨店も当然、だから煮しめ中心のおせち料理を用意し、家庭では調理もせず、ゆっくり、まったりと過ごしたものです。

それが近年、お正月が感じられないような普段通りの街の風景が当たり前にはなっていましたが、本来のお正月に戻る気配でちょっと嬉しい気分です。

日本の市場は過剰サービスが過ぎていました、バブル崩壊後の負の清算が長引き、経済のシュリンクから企業防衛として企業間の過剰な競争から行き過ぎたサービスになったと感じています。

記事にも有りますように、だらだら営業は生産性を下げる要因です、休みをとっても生産性を下げない働き方に変わる良い機会だと思います。

C5F2539C-CB26-4E56-A684-C519C8DDE6FD.jpg

これを機会に何でも便利すぎる環境からちょっとくらい不便な時代に逆戻りしても良いのではないですかねぇ。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

順調に拡大


年の瀬も押し詰まってまいりました、明日が仕事納めの所が大半だと思います、当社も表向きには明日が仕事納めとなります、物流問題から年末年始の商品確保に影響が有り止むを得ず今年は早めに締め切りさせて頂きお客様にはご不便をおかけ致しました、物流業界の状況は根が深く当面大きな課題となります、「物流を制すは業界を制す」と言葉が有りますが、本当に実感する1年となりました。

おせち料理の大半はヤマ◯運輸による配送で賄われています、おせち販売業者はヤマ◯運輸が受け付けてくれる数量=販売量になる程おせち業界の根幹を握っていると言っても過言ではありません、来年もこの問題をどの様に解決するか?企業業績に大きく影響する課題だと思い知らされました。
一方需要面ではこんな影響が日本経済を支えています、訪日外国人が3000万人をクリアしたそうです。
1年間では3100万人程度になり拡大が継続し益々日本経済に影響を及ぼします。
674245DF-E93D-4266-9CE7-64526CFAEB84.jpg外国人観光客の消費自体は4兆4.000億でGDP比にすると1%に満たないそうですが、私達が関連する中食は10兆円越えで拡大による恩恵を感じかけている所です。

本当の所外国人に向けての企業の取組はなされているのでしょうか?
何気なく最近外国人の利用が増えてるとか、メニューを外国人向けに英語、韓国語、中国語で用意されているのは一部ではないでしょうか、やもすると◯◯人は声が大きいからとか、対応に苦慮するからと入店を断っておられる所も少なく無いのではないでしょうか。

私が海外に行くと、ホテルのテレビは日本語放送は限られています、そんな中、外国人に向けた日本のプロモーション的番組で私達が普段意識のない観光地がクローズアップされ、日本観光への関心を高めています。

先日のインドネシアでは白川郷の合掌造りや、立山、雪の大谷が取り上げられていました、雪の壁を間を歩くあのシーンは印象的な様で憧れの地になっているようで、現地のパートナーから日本に行けば必ず訪れたい、是非案内して欲しいと要望があったほどです。

日頃私達は日本で普段変わりない生活で過ごしていますが、海外ではこのように観光客を増やす取組がなされているのです、政府、行政が率先して観光収入を増やし国内総生産をあげる努力をしている訳です、少子高齢化で生産人口は減りますから海外から人を呼び寄せない限り需要は減少します、当然外に活路を求めなければどうしようもないない訳です。

でも需要が増えてもそれをこなすのは人、人手不足は深刻な問題、海外の人材を活用する器も整備しなくてはなりません、やる事は満載ですね。

あと2日、頑張ってまいりましょう。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

中食の拡大は続く

今日から寒波で冷え込む様です、ホワイトXマスになるかもしれませんね、平成最後のXマス皆さんどの様にお過ごしですか?沢山楽しんで下さい。


中食の拡大が続いています、市場規模は10兆円を軽く超え益々存在感が強くなっています。
2627EDAD-DAA8-47EF-93D0-CB25AA1643C5.jpg
家庭内食と言われる家庭内で調理される食材に該当する消費は下がる一方、日本の食文化は作るから買う時代に移りつつ有ります。

アジア各国に行きますと、屋台文化で朝食から屋台で買って簡単に済ませる光景は当たり前です、日本ではコンビニの台頭が大きな要素だったのでしょう、便利になり手間になる事からどんどんと離れていきます。

私達包装を担う企業は中食で多くご採用頂き包装は総量としては間違いなく伸びていますが、包装も時代と共に大きく変化しています。

簡単な簡易フィルム包装から高級な木箱に入った物、全て顧客に認められなければ只のコストでしかありません、顧客、消費者に対して付加価値として提供出来ているか?これが私達のミッションです。

ギフトで例えれば、◯越、阪◯、高◯屋と包装紙が掛かっていれば、同じ商品でも受け取る側からすればそれ自体が価値になります。

ネットが大きな市場を獲得していますが、本当に物だけ手に入れられればそれで良いのでしょうか?

ビールの詰め合わせがでネット販売業者やスーパーマーケットから送られて来た時とブランド百貨店の名前でお届けされるのでは有り難みが違うように思います、私の考え方かも知れませんが、多くのミドルではこの感覚ではないでしょうか。


益々消費は変化し続けるでしょう、食品を流通するには包装無しではあり得ません、私達包装企業は安全、安心、コストだけではなく、心に届く価値ある包装を提供する事が課せられた最大のミッションと思います。
今年も残すところ1週間、反省を繰り返し、新たな年に向け頭を整理したいと思います。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

アジア最大都市へ進出

先日海外出張時に視察して参りました。
バンコクicon SIAM高島屋、11月オーブンしたてのホッカホッカ。

バンコク最大規模のショッピングセンターの中核テナント、バンコクの中でも開発途上にあるチャオプラヤ川の西側、川を渡る地域は開発途上の未開の地、どんな結果になるでしょう。

324E293B-4774-4903-B08C-720E0048BB6F.jpgBB57CA64-9BFA-438D-B949-BEED45A8F508.jpg4E64C988-9EB9-4CAB-B9F1-C4DC4D5B2BFF.jpg
当社のお客様も台北に続いてバンコク出店、中々の勢いで邁進中、きっといい結果になる事でしょう。
5E0A9399-6C0F-4ABC-BD46-38F3B03167C1.jpg26D293E5-E5C8-4C7C-8120-1CB7F1B0A15F.jpg

びっくりしたのは日本のお寿司の人気、あの○○水産の魚屋のお寿司に現地タイ人は大行列。
平日の夕方でしたが、オープンしたての影響もあるのでしょう、日本食の人気度が垣間見える瞬間。
49F21A85-AF7F-45F1-A581-0F90F1A84940.jpgF4FED047-F7F7-4AA1-80A1-15EA9BA8133E.jpg

他のところではタイの水上マーケットをモチーフにしたのでしょう、水辺に舟の販売をイメージしたお店作りでタイ独特のフードが満載、美味しそう、楽しそう。
6A4BB9E9-6167-49F5-AF87-FE559DFAAE1A.jpgC610337F-2C00-43BD-A0BD-42AE17C55B00.jpg5D41B77F-0917-4E32-86C2-7C50C2FF0F4F.jpgA9302C06-C23F-45D2-921B-E27C6B767EF2.jpg
さあ、ラスト2週間、来週はクリスマス、平成最後の年末イベントを満喫し、いい思い出として心に刻みたいですね。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

ノスタルジックな街

先日久しぶりに当社本社近くの商店街、中崎町商店街を散策しました。
最近メデイアでも取り上げられる事が多くなり、いまとってもホットな大阪北のお洒落なスポットです。

路地裏の古い家屋をリノベした新たなお店は様々な業態です、カフェ、美容院、雑貨、スイーツ、イタリアン、フレンチ、和食、焼肉、居酒屋、ラーメン、たこ焼き、お寿司なんでもありです。

そんな中、目を引かれ立ち寄ったお店はこんなお店です。
C7F560D1-8D98-4597-985B-4CA155C73927.jpg63199DB5-6705-420B-8D84-D76B0E130BBE.jpg
さつま芋を専門にしたスイーツ店、ただのお芋屋さんではありません、なんか調理方法も変わってます、さつま芋を薄くスライスし軽く揚げ、上からサラサラの甘い蜜を掛けたカリカリ食感でポテトチップスのさつま芋バージョン?
F38E7F47-5832-40B0-96DF-8BBA7781223E.jpg09CA1A51-BC6E-4BD6-BE33-5EF9C8E14996.jpg

パッケージもイマドキ風のナチュラルで機能的、私の様な包装のプロからしても「エコで中々センスええやん」的な感覚でした。

女性好み、インスタ映えのこれ。
73BCE0EC-F661-4416-94DC-8BF7339D63EA.jpg
イートインで食べれるこのスイーツ、私は時間的に余裕がありませんでしたので、表からパシャリ、次回は食べてみた〜いと思う一品、最近お酒を控えてますから完全に甘党です。

天五中崎町商店街、通称おいでやす商店街だそうです。

https://tenma-gourmet.net/category/area/nakasakityo/


いよいよ冬到来、今年の締めくくりのラストスパートです、皆さんお正月まで風邪に罹らないでくださいよ。



posted by オリカ産業常務取締役 at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

生活文化の変化

平成最後の師走に入りました、来年は皇太子が即位される5月1日が特別な祝日になり、10連休の超大型ゴールデンウィークになる事も概ね決まりました、いよいよ平成の締めくくりとなる様々な催しが行われる事でしょう。

また1日からは4K放送が開始されました、まだまだ普及していない4K対応テレビ、そろそろ購入しないといけないかなぁ?

11月23日、日本では勤労感謝の日でしたが、アメリカではブラックフライデーと称する小売店の販売戦略に定められてる日でした。

私含めて日本人には馴染みの薄い習慣ではないでしょうか、何の日か?この日のセールではどこのお店も黒字になる程売上が上がる事からこの様な表現になっているようです。

ネット参照

ブランドショップ等でも、この日に格安のセール販売をしますので普段行わないブランドショップのパーゲンセールは値打ちがあるかも知れません、狙い目ですよ^_^

世界的に色んな企画がなされ需要が喚起されています。

益々クローズアップされています、廃プラ問題。

来年は私達地元大阪で、日本が議長国として史上最大規模となるG20大阪サミットが開催されます。

このタイミングでも廃プラ問題が大きく取り上げられる事が想定されます、待った無しの対策が私達企業にものし掛かって来る事になるでしょう。

私達包装のプロがきちんとした情報提供をする事が義務である事を自覚しなければなりません。

posted by オリカ産業常務取締役 at 06:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png