2018年08月27日

女性の働き方

週末の暑さもハンパなかったですね。
お盆が明けてもまだまだ暑さは厳しい夏です。

女性の就業についてのお話です。
先日も少し触れましたが、男女雇用機会均等法からクローズアップされ、今では人手不足の救世主としてどの企業も女性の働き方の改革を進めている最中ですが
記事では出産退職についてのデータが示されています


C0103413-DEAD-4CC8-A202-25F38BC6B11B.jpg

出産だけではありません、結婚を機に家庭と仕事の両立に壁があるようです、オン、オフの切り替えが言葉ほど簡単では無いのかもしれません。

いくら時代が変わり男性、女性同等と定義し家事の分担などが進んだとはいえ、やはり女性にかかる負担は簡単には変わってはいない様です。

自分で言うのも何ですが、私は家事は一切致しません、男として 担うやるべき事は家事以外に沢山あります、基本的に掃除、洗濯はやりませんが、その様な態度の私に今の所妻からクレームはございません(^。^)

当社もこの問題の解決策は模索中です、いくら企業側の整備が進んでも働く女性にその気がなければ絵に描いた餅になってしまいます。
双方が互いに理解し、色んな事にチャレンジしなければなりません、当分この問題と向き合って行く事になるでしょう。

先日新たに当社社員から結婚式の招待状を頂戴いたしました、今年10月.11月と連続してめでたい席にお招き頂きました、しかも両方乾杯のスピーチ付き(^。^)

最近社員の結婚式では社長か主賓挨拶、私が乾杯の挨拶とパターン化しつつあります、毎年新卒採用を継続していますので毎年の様に結婚式にお招き頂きます。

めでたい事はいい事です、日本国発展の為子作りにも励んで頂きたい。

まだまだ暑さが続きそうですが、体調管理に注意して暑さを乗り切りましょもう。

posted by オリカ産業常務取締役 at 06:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

企業の正義

お盆の休暇も終わり季節は秋に向かって進んでいます。 この時期日暮れが少しづつ早くなり夏が過ぎ去って行くのは少し寂しい気分になります、暑過ぎるのはちょっと問題ですがやはり私は暑い夏がとっても好きです。

値上の夏でしたが消費は二極化され、より一層消費者の選択が鮮明になっています。
82C80036-4064-435C-A166-CEB4861AE8B0.jpg

コストが上がり、価格改定を決断した企業も結果として売上と言う顧客の信頼を得られず業績悪化に繋がっています。
バブル清算のデフレ問題もさる事ながら、市場、消費者の変化に供給側が合わせきれていない現実が垣間見えます。

一方でマイクロプラスチック問題から端を発した環境問題がクローズアップされ、消費者の目を気にした効果の薄いストロー使用中止が進んでいます。
DA83C6F6-6C2C-4FC4-8FE9-B4826AFABE42.jpg

企業が恐れるのは環境破壊ではなく、顧客損失。
天に向いて唾を吐く、環境問題はいずれ全ての人類に影響を及ぼす事でしょう。
しかし企業では環境やコストより顧客の評価が優先されます、本当の環境問題はさておき、まず世間体。

そんな中、政府がプラ問題に着手する事になった様ですが?
234648AA-0104-4DA4-B435-FB782BF86858.jpg

何十年言われて続けているか?この環境問題、出ては消えの繰り返し、本当に人類は環境に対する意識が有るのでのしょうか?


posted by オリカ産業常務取締役 at 05:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

しきたり?


暑さが衰えませんが体が慣れたのか史上稀な激暑にもかかわらず、こんなもんかと過ごせるようになりました、慣れって怖いですね、良きも悪気もこなせる様になるんです人間は。

当社では近年結婚ブームです、今年も結婚式にお招き頂く機会はあと2回あります。

当社若手社員は入社早々から交際者がいる社員が多く、入社数年で結婚に至るケースが多くあります。

E967F255-5245-4C9A-9395-706105E4060D.jpg

この封筒は何だと思われますか?

ご想像を?

私達シニア層になるとそれ相応に世間擦れしてきますしきたり、文化、習慣、マナー、礼儀など世間様を意識した大人の行動を心がけ恥をかかない様に努めます。

それが良いか悪いのかの議論とは別に、新鮮な感覚になった瞬間でした、こうあるべきと私の人生観から判断する事が多くなり、それが正義、正当、正解と決めつける事が普通になって来る老害化、私にも当て嵌まる事に気付かされました。

この封筒実は結婚式の招待状なんです、私は結婚式の正式な招待状となると毛筆の上手な方か専門家に手書きで宛名書きを依頼する事が当たり前でそれが普通で当然と思っておりましたが・・
445E6598-952E-4850-9107-ED915D535114.jpg4FB50611-51A9-4E77-921D-09E8FF8CD6CF.jpg

これもありやなぁ?個性があって面白い。何が当たり前とか関係なく心込めて自分自身の手で相手を思い絵描きながら宛名書きをする、そして手渡しで出席のお招きをする、礼儀の上では世間からは褒められた事ではないかもしれませんが私は気持ちが伝わりとってもよかったと思います。

今の若いもんはと、歳をとると口癖の様に発する言葉ですが、自分自身も若い頃同じようにそう言われてたんですよ。

でも若い人達の自然なこと感覚は悪い事ではありません、若い人達から話してもらえる環境、受け皿、理解出来る大きな人間力を持つシニアであり続けたいと思います、体だけ若さを維持するのでは無く、いい精神年齢のキャリアを積んでいきたいもんです。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

大器晩成

男尊女卑、男女雇用機会均等法、こんな文言から連想できる事は?

いまメデイアが報道している問題です。
医学大学の女性軽視の不正問題、物事には表と裏、本音と建前が有りますが、今回の件はまさにそれ。

建前では女性の社会進出、働く環境づくりは企業にとっては必須事項ですが、働く側の女性にも意識の改革が必要なのではないでしょうか?

全ての女性とは申しませんが、社会に出て働く事は口で言うほど簡単ではありません、結婚や出産を機に働くモチベーションが劣ってしまう事が多く見られます、当然なのでしょうが、家庭を持つと家事、出産と女性にかかる負担は計り知れませんが、理想では男にも勝りバリバリ働くビジネスパーソンをイメージしますが、何かの壁、思い通りにに行かない時、逃げ道として女の性が出るように感じてしまいます。

今回の医学大学の件は男性でも超過酷な労働環境の世界だけの話しではありません、女性の役割、男性の役割を無視した男女雇用機会均等法は絵に描いた餅になってしまいます、男性がいくら望んでも出産は出来ません、生まれた時から役割が定められているのです、それを無視して進める事にはあまりに無理があり過ぎます。

男は男らしくら女は女らしく、これで世間が上手く回るんです。

でも女性は若くから優秀できちんと考えを持っている方は多いです、男は大雑把で若いうちは何にも考えていません、これは私の若い頃の話しです、今は立場上難しい事を言ったりしていますが、そんなもんです。

歳を重ねて学ぶんです、出来る限り早く学び成長するに
こした事はありませんが、大器晩成と言う言葉もありますからね(^。^)
posted by オリカ産業常務取締役 at 05:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png