2018年07月30日

逆転現象

週末は台風で関西では久し振りの雨となりました、雨を待っておられた農家は恵みの雨ですが、豪雨被害地では二次被害が心配となりましたが、今のところ大きな被害はないようです。


話は変わって賃金の話題です。

日本の賃金も着々と上昇。
新興国では近年、年率二桁以上の最低賃金の上昇が続いています、インドネシアでは30%以上もありましたが、日本も安倍政権の肝いり政策で3%の所得増を目指していますが実質そうはいきません。
そんな中の最低賃金26円アップの方針か明らかになりました、時給千円はそう遠くない所まで来ましたが・・・


問題は消費動向です、いくら政府が声高々に叫んだ所で国民の消費動向が変わらなければ絵に描いた餅です。

大手焼き鳥チェーン店の値上げによる業績不振は典型的な事例です、バブル崩壊からのデフレ脱却はまだまだ壁が高そうです。

20年以上デフレの環境にどっぷり浸かった日本人の心理は根強い低価格志向が残っています、最近メリハリがついた消費として、良いものにはお金を出すとマスコミも記事にしていますがハンバーガー、牛丼の低価格戦略のツケが未だに抜けきれないのではないでしょうか?

消費の二極化、企業や富裕層は株高、金融緩和の影響で潤うものの、平均的な所得者層では日常品など購入頻度が高いものについては財布の紐が硬いのが本当のところ、無地良品では購入頻度が高い靴下やタオルは値下げしたようです。

新興国のアジアに行っても、食の世界では日本より高く逆転現象です、新興国より安い外食の食べ物・・

そんな環境では賃金に見合った価格転嫁はそう簡単に行きませんね。

これは私達国民の責任でもあります、安全、安心、そして味、それを担保されてもまだ価格。

一方では500円以上もするカフェの飲料、主食では無く嗜好品なのに・・牛丼より高い飲料、価値はその物だけに留まりません、サービス、空間、居心地などすべての価値に対して支払う対価が消費になるのです。

AI.ロボットなどに置き換えられ作業はどんどんと省人化される事が予想されます、その裏返しでスキルと言う労働者に対する評価がより厳しくなる事は明らかでしょう。 
欧米より劣る日本の生産性にもメスを入れざるを得ない環境に企業の生き残りがかかってくる事を覚悟しなくてはなりませんね。
DA6D7B4F-E791-439C-9AB9-1885C36F2901.jpg

最近新興国より劣る偽装が度々起こります、ものに対しての対価を払わず求める質が高すぎると裏返した事例が発生するのでしょう。
A3AAC4FB-D4B6-435B-9595-CB65C9564F4D.jpg
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

炎暑、酷暑、濁署がお似合い



連日猛暑が続きますが、明日7月24日で東京オリンピックまで2年となりました、建設工事は活況を帯びているようですが、私たち食の業界にはオリンピックの風は未だ吹いていません。
今日23日から8月6日まで24節気では大暑となります、今年の夏は炎暑と言うような単語がぴったりの様な猛烈な暑さになっています、こんなに猛暑になるとは!
京都では40度近い気温、日本とは違うところの話しみたいな温度です、多分私の人生の中では一番の暑い夏になると思います。

観光に来られた外国の方々には本当にお気の毒です、まさか日本がこんなに暑いとは思っておられないでしょうね。

暑さのお陰で潤う商売も有りますが、先日の豪雨の被災地ではこの暑さは全くのアゲンスト、復興にはマイナスですし、農作物にも影響が出ると考えられますが、クーラーのメーカー、アイスクリーム関連、飲料などは超ホローの業態、全ての事柄がそうですが、表と裏、何事にもプラスとマイナスが相互にあるのです。

自分の体力に合わせた活動を意識する必要があります、命に関わる暑さだと関係省庁が発信しています、こんな表現は生まれて初めて、それ程危険な暑さなんですね。

まだまだ猛暑が続きそうです、暑さがボディーブローの様に効いてきます、深酒や睡眠不足は大敵、体調管理に細心の注意で猛暑を乗り切りましょう。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

本当のエコロジーとは?

昨日の京都は異常な暑さ、陽が落ちてから街を歩いても、ファンヒーターの吹出し口からの熱風を浴びている様な異様な暑さ、生まれてこの方京都住まいですがこれ程の暑さは記憶がありません。

本当に今年の暑さは過激な暑さになっています、今日の京都は祇園祭の山鉾巡行が執り行われます、京都の夏を象徴するお祭り、京都は見物客でとっても賑わっていますが暑さ対策は本当に注意喚起が必要です。

異常気象の延長の話題です、マスコミは大きくクローズアップし、取り上げています。
マイクロプラスチックの環境問題で企業活動を報道するかたわら、プラスチックのゴミ問題自体クローズアップしています。
今後もマスコミによる過剰な問題提議に繋がるかもしれません。
97F5AE58-4458-4815-B1E1-E3DE56F7DBE8.jpg

環境問題に関心持っていただく報道は歓迎ですが、歪で偏った報道は視聴者のマインドコントロールに繋がりかねません。
660981BC-8835-47A1-97CF-C7264FC9006D.jpg

143DAB70-1666-4669-AA03-16761DBCD7E4.jpg

先日の大雨など近年異常気候の被害は日常的になって参りました、環境問題が原因なのか科学的判断は難いかもしれませんが、限りある資源、環境破壊になるゴミ問題の改善を進めるのは地球に住んでる全ての人類に課せられた義務だと思います。

エコロジーを旗印に掲げても企業の利益とは相反する部分が多く、掛け声倒れになっていました。

今回報道された提議をどこまで認識し、コストを負担するかは企業より消費者の判断などでしょう。

ちなみに6月開催された先進7カ国首脳会議で欧州連合が提案し、採択されたプラスチックゴミの削減目標を米国、日本は署名を拒否したそうです。

今日も異常な暑さが継続するそうです、本当に暑さ対策には注意が必要です、くれぐれももご注意を。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

中津のグルメ情報

先週の西日本はかつてない大雨で多くの地域で被害が発生しました。

多くの方から被害のご心配頂きましたが、何事もございませんでした。
私の住む街でも避難勧告の地域に入っていましたが、幸い私の住む所は比較的安全な場所ですので危険は少なかったです、ご心配ありがとうございました。

話は変わって久しぶりにグルメ情報です。

当社のある中津界隈は中津麺戦争と言われるくらい美味しい麺のお店が目白押しです。

この中最新店舗、中華そば『麦と麺助』新梅田中津店、福島の大人気店『燃えよ麺助』の2号店として5月19日オープンしたて、先日の大阪北部地震の翌日行列が少なかったので、突撃!
あとで聞きましたら前日は地震で臨時休業、本来お休みのはずの火曜日に臨時営業した事でお客様が少なかった事で空いていました、ラッキーでした。5CE2BDA7-0E57-4907-9244-B0FF348D9740.jpgBF5AF03B-591C-485C-9CBD-9B2114BFCA65.jpg

ここで使われているスープ用鶏肉は以前当社で勤めていた方が実家の養鶏場に跡取りとして戻った岡本ファームと言う養鶏場で自ら育てた丹波地鶏を提供し、使われているそうです。

饂飩と言えば、『きすけ』以前もう一店の名店『たけうち』もご紹介しましたが、このお店も甲乙つけ難い名店です。
F54A5B9C-51D3-4802-9CDE-2BFFDF28DAE4.jpg
この饂飩食べたお陰で夜のご飯時食欲ゼロ、それほどのメガでした。
豪快  肉ぶっかけ番外編『鯛竹輪天のせ』です、凄いボリュームでした。

今日から暑さが本番の様です、流石に昨晩はクーラーをつけないと寝れませんでした。

暑さに負けず今週も頑張って行きましょう。

posted by オリカ産業常務取締役 at 05:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

敏感な環境対応


異常な早さの梅雨明け、今年の夏は覚悟が必要ですよ。
これも環境破壊から来る異常気象なのでしょうか?
そんな中この話題です。

より一層環境配慮に拍車がかかってきました。
欧州を起点とする廃プラの環境汚染問題は想像以上のスピードで世界企業に改善を促しました。

私達包装を生業にしている企業は他人事ではありません、世界の変化を敏感に感じ、自社のビジネスに取り入れないと企業存続は厳しいものになります。



A933BE51-02F4-47B8-86F8-F66F74926DF2.jpgE2D0D326-0050-4CE1-8AE3-C9D41BBFBCF5.jpg

環境問題の解決策は一つでは有りません、ケースバイケースでどの方法が良いのか?効果を検証する必要があります。
世間一般にはエコ、環境と一括りになっていますが、現実的な所では、分別されたゴミは本当に素材別で再利用や、リサイクル、熱源としての活用されているでしようか?

混ぜこぜで埋立処理されてるんでは有りませんか?
エコは永遠の課題、画期的な手法で解決できる事が待ち遠しいです、でも私達も出来る事から少しづつでも取り組んでいく事が大事なのではないでしょうか。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png