2018年07月09日

中津のグルメ情報

先週の西日本はかつてない大雨で多くの地域で被害が発生しました。

多くの方から被害のご心配頂きましたが、何事もございませんでした。
私の住む街でも避難勧告の地域に入っていましたが、幸い私の住む所は比較的安全な場所ですので危険は少なかったです、ご心配ありがとうございました。

話は変わって久しぶりにグルメ情報です。

当社のある中津界隈は中津麺戦争と言われるくらい美味しい麺のお店が目白押しです。

この中最新店舗、中華そば『麦と麺助』新梅田中津店、福島の大人気店『燃えよ麺助』の2号店として5月19日オープンしたて、先日の大阪北部地震の翌日行列が少なかったので、突撃!
あとで聞きましたら前日は地震で臨時休業、本来お休みのはずの火曜日に臨時営業した事でお客様が少なかった事で空いていました、ラッキーでした。5CE2BDA7-0E57-4907-9244-B0FF348D9740.jpgBF5AF03B-591C-485C-9CBD-9B2114BFCA65.jpg

ここで使われているスープ用鶏肉は以前当社で勤めていた方が実家の養鶏場に跡取りとして戻った岡本ファームと言う養鶏場で自ら育てた丹波地鶏を提供し、使われているそうです。

饂飩と言えば、『きすけ』以前もう一店の名店『たけうち』もご紹介しましたが、このお店も甲乙つけ難い名店です。
F54A5B9C-51D3-4802-9CDE-2BFFDF28DAE4.jpg
この饂飩食べたお陰で夜のご飯時食欲ゼロ、それほどのメガでした。
豪快  肉ぶっかけ番外編『鯛竹輪天のせ』です、凄いボリュームでした。

今日から暑さが本番の様です、流石に昨晩はクーラーをつけないと寝れませんでした。

暑さに負けず今週も頑張って行きましょう。

posted by オリカ産業常務取締役 at 05:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

敏感な環境対応


異常な早さの梅雨明け、今年の夏は覚悟が必要ですよ。
これも環境破壊から来る異常気象なのでしょうか?
そんな中この話題です。

より一層環境配慮に拍車がかかってきました。
欧州を起点とする廃プラの環境汚染問題は想像以上のスピードで世界企業に改善を促しました。

私達包装を生業にしている企業は他人事ではありません、世界の変化を敏感に感じ、自社のビジネスに取り入れないと企業存続は厳しいものになります。



A933BE51-02F4-47B8-86F8-F66F74926DF2.jpgE2D0D326-0050-4CE1-8AE3-C9D41BBFBCF5.jpg

環境問題の解決策は一つでは有りません、ケースバイケースでどの方法が良いのか?効果を検証する必要があります。
世間一般にはエコ、環境と一括りになっていますが、現実的な所では、分別されたゴミは本当に素材別で再利用や、リサイクル、熱源としての活用されているでしようか?

混ぜこぜで埋立処理されてるんでは有りませんか?
エコは永遠の課題、画期的な手法で解決できる事が待ち遠しいです、でも私達も出来る事から少しづつでも取り組んでいく事が大事なのではないでしょうか。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

京都の6月

侍ジャパン、予想以上の戦いでやってくれました。

専門家の予想は期待とファンに気を遣って、2対1で勝つ様なコメントが多く有りましたが大方は良くてドロー、下手すると負けるかも?と思っていた方が多かったのではありませんか?

勝てばより良かったですが十分にいい結果です、予選最終戦ポーランド戦で決勝ラウンド進出を決めることを確信しています。

昨日は流石に深夜ですから、目が持ちません、朝テレビの報道で結果を知った訳です。

話は変わりますが
京都の6月。
京都生まれ、京都育ちの私にとっては当たり前の一品でしたが、記事にある様に京都ならではの和菓子だったんですよね。

最近では東京の百貨店にも京都の和菓子屋さんが出店されていますので、東京の方にも馴染みは有ると思いますが、梅雨のこの時期には欠かせない一品『水無月』名古屋の外郎の様な食感、でも似て非なるもの、私の大好物です。

京都の和菓子店では夏の菓子として暑い時期には販売されている所は多いのですが、拘ったお店では6月30日
のみ製造販売。

記事にある様にちゃんとした習わしがあるのです、1年の折り返しである6月30日に無病息災を祈念し食するものです。
8921A4FA-2D8E-4330-8EF8-CD4FC52EE397.jpg

皆さまもこの30日には無病息災を祈念し、是非ご賞味を。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

耐震は進んでる。

地震への対応として、耐震補強が進んでいると実感しました。

6月18日午前7月58分、大阪北部を震源とする震度6弱の地震が発生しました、先日お伝えしている通り、私は本社事務所で遭遇いたしました、時間は短かったものの大きな爆音と共に直ぐに横揺れを感じました、相当な揺れでしたので、どこまで強くなるのか身構えて耐えていましたが激しい揺れは私の実感では10秒程度だったと思います。

それと同時にどごが震源なのか?とっても気になりました、と言いますのも東日本大震災の時も同じく本社事務所で遭遇いたしましたが、結構な揺れでしたがまさか震源が東北とは想像もつきませんでした、それほどの揺れがはるかかなたから影響するとはと実感した記憶が今回も・・・蘇りました。

そう思うとどごが震源か?津波の心配やなんやら心配になりすぐネットで調べると、なんと自分の居場所も震源に近い所でした。

その後影響をみると、あれ程の揺れにも関わらず公共設備に於いては大きな被害はありませんでした、やはり耐震改修のお陰だと知る機会になった訳です。

近年、駅や百貨店あらゆる公共の場所では耐震工事はごく当たり前に行われていましたが、こんな時にその効果がわかるものです。

地震後、深夜や早朝に余震と思われる震度3程度の揺れはございますが、日に日に収まってる感覚です。

商売上ではインフラ復旧の為、ガス会社などの復旧作業者向けに結構な 数量のお弁当の注文があり、お客様から容器の大量注文が舞い込んできました、喜んで良いのか、悪いのか?

同時に公共機関の責務として非常時の食の提供は社会責任だと思っています、昔国鉄の時代では台風や様々な影響で遅延や運休などトラブルが発生すると、各駅弁会社ではお弁当の安定供給がある程度義務付けられていたように思います、きちんと供給した後、国鉄からお礼の賞状が授与されていました。

今では官から民へ経営が移り変わりました、国のインフラとしての責務より株主に対する経営の責任の方が重くなった様に感じます。

国民の公共機関である以上、この部分をないがしろにする事は容認出来ません。
先日の新幹線内の無差別殺人もそうです、先日新聞記事でも有りましたが、東海道新幹線の1キロ当たりの利益は他の交通機関、飛行機を含めても3倍の利益を叩き出すドル箱事業です。
これ程の高利益なら、もう少し安全対策にもコストが振り向けられるのでは?


posted by オリカ産業常務取締役 at 07:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

大阪地震の近況報告

先程大阪北部で震度6の地震がございました、不幸中の幸いと申しますか、会社の事務所で遭遇しましたが、私は大丈夫です、多くの方から連絡を頂きました、ご心配お掛けしておりますが、社員、家族含め今の所怪我人などはございませんし被害は最小限です。
社屋、倉庫で一部ひび割れや荷物が倒れたりはございますが大丈夫です。

ご心配頂きありがとうございます。

C9E5664B-AE0D-4E4A-952D-4D4254DD580C.jpg9077D4C7-A04E-4262-B2E0-70195AE255AB.jpgFF3ED406-AF85-4BEB-B271-65956AE8A1E2.jpg
posted by オリカ産業常務取締役 at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先人の知恵

ちょっとしたブームの様です。

C93F7E28-73F6-4588-93DD-6779FEBEE6D9.jpg

当社のお客様も現在企画中ですが、醸造をテーマにした「食」。
醸すや麹、干す、天然酵母や乾燥、塩で水分を抜くなど先人の知恵で守られて来た保存食。

この中の醸すがテーマです。

この切り口で普段食している物を見直してみると結構有るもんです。

梅雨のこの時期、気温、湿度は高く食べ物は腐りやすい環境、このテーマを考える良いタイミングですね。

保存だけではなく、菌の副産物で思わぬ効果が体に好影響を及ぼし健康にも良い食べ物は人間の知恵に他なりません。

ネットで調べると醸造だけではありませんが、保存食として考えるとこんなにありました。


保存の方法代表的な食べもの製造方法や利点
干す干し魚、干し大根、干し柿、昆布、干し肉、干し貝柱、干し芋、ドライフルーツなど昆布やわかめなどはそのまま干す「素干し」、アジやイワシなどは塩(水)につけてから干す「塩干し」に大別される。水分を抜くことで軽くなり、運びやすくなる
塩を使う漬物、梅干し、塩辛、荒巻鮭、潮鰹、イクラ、ハムなど塩の「水分を抜く」性質を活かす。食材はもちろんのこと、付着する細菌からも水分を奪うので、保存できる期間が長くなる。
煙でいぶすかつおぶし、魚の燻製、燻製肉、ビーフジャーキー、ハム、サラミなど煙でいぶすと表面に膜ができるため、雑菌の侵入を防ぐ効果がある。また、いぶすことで独特な香りも生まれる。
凍らせて乾燥させる凍み豆腐(高野豆腐など)、凍みこんにゃく、凍み大根など豆腐やこんにゃくなどを薄く切り、極寒期に屋外に干す。夜の間に水分が凍って表面に付着する。それが昼に溶けて蒸発する。これを繰り返して乾燥させる。
油やアルコールを使う魚(イワシなど)の油漬け、果実酒(梅酒など)、粕漬け(奈良漬けなど)干しても気温や湿度の関係で完璧に乾かず、水分が残る場合がある。そこで油やアルコールに漬けこみ、空気を遮断して細菌の繁殖を妨げる。
砂糖を使うジャム、マーマレード、ゆべしなど砂糖にも塩と同じように細菌から水分を奪う性質がある(糖度が高い場合)。果物に砂糖を加えたうえで火にかけて水分を蒸発させるとジャムになる。
酢を使うしめサバ、酢漬け(ピクルスなど)、マリネなど酢を用いると食べものは傷みにくくなる。これは酢に含まれる酢酸が細菌の繁殖を妨げるから。
発酵させる漬物、なれずし(フナずしなど)、チーズ、キムチ、ピータンなど有益な微生物や酵素の働きによる「発酵」を活かしたもの。フナずしなどの「なれずし」のごはんは、食べるためでなく、発酵させるために使われている。
                                                           
posted by オリカ産業常務取締役 at 05:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

受動喫煙

昨今社会問題として議論されている、受動喫煙についてです。
東京都が国に先駆け禁煙条例制定を決めました、先進国としてはとっても遅い対応だと思っています。

記事にある様に飲食店での喫煙について議論が盛んになって来ました、禁煙についてかねてから私の持論です、何十年も吸っていた私が言うのもなんですが、吸う権利、吸わない権利どちらにも権利があります、
吸ってる側からすれば税金を沢山納めてるから「ガタガタ言うなと」言いたい気持ちは分からなくありませんが、権利で言うと、空気、酸素は万民の物、その万民のものを汚してる喫煙は権利だけで主張出来ないと思います。

特に逃げ場が無い場所での喫煙はとっても迷惑です、飲食店など典型ですが、このお店は吸えるとなると、なんら遠慮のかけらも無く吸いたい放題、隣のお客様が吸う方か?など関心がない様に感じてしまいます。

ほんの一部の方かも知れませんが、吸わない私からしますとそう感じてしまいます。

東京都の制定を機会に日本での禁煙が進むことを期待したいと思います。
DF473226-D309-44E4-B0A6-A49B0196D363.jpg

土曜日は梅雨空の中、当社のゴルフコンペを開催しました、梅雨真っ只中の中、雨も降らず絶好のゴルフ日和となりました、ご参加頂きました皆様本当にありがとうございました、また沢山のご協賛頂き感謝申し上げます。

次回は来年梅雨入り前5月下旬を予定しております。
posted by オリカ産業常務取締役 at 06:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

劣化

50も半ばを過ぎますと、体調の話ばかりになります、
先日も同級生とご飯を食べる機会がありましたが、話の内容は血圧が高いから降圧剤服用してる、血糖値が高いから食べる物気を付けてる、あの人死んだらしいで、と寂しい話ばかりになってきます。

自分では歳をくいたくないと思い、体磨きにジムや日々の筋トレ、ゴルフでは歩くなど心掛けて励んでおりますが、細胞レベルでの劣化は避けようが無いのかもしれません。

長寿が日本の代名詞になりつつ有りますが自分自身に当て嵌まるのか?疑問符がつくところです。
人生50年と言われた戦国時代から比較すれば奇跡的な平均寿命ですよね。

今週はいよいよ、いや〜な梅雨入り予報、ジメジメの季節がやってきます、好きな夏になるにはこの時期を我慢するしかありません、今週も頑張って行きましょう。

posted by オリカ産業常務取締役 at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

値上げの夏

前日ゴールデンウィークが終わったと思えば、 もう5月も残すところ4日となり、梅雨入り間近の気候になって参りました。

来年4月が終われば新たな年号に変わります、年号変更まで1年を切った訳です、どんな年号名になるのやら、今回は天皇が崩御されたから年号の変更を行う訳ではありませんから少し楽しみな年号の変更ですね。

話は変わりますが、中食産業の拡大が鮮明です、記事である様に、規模は10兆円を超えました、外食市場の規模が25兆円との事ですので三分の一以上の規模に成長した訳です。

D4CD98C8-23CF-42BA-BEAD-2B83A2C2BF5B.jpg

一方で原価上昇による値上げの動きが鮮明になってきました。

7A29CC93-3013-4DD2-8181-036FDD60E7CF.jpg
 
我業界でもプラッチック原料の高騰から、プラッチック容器の価格改定の真っ只中、物流費、人件費と合わせたトリプルセットによる原価上昇はもはや企業努力でどうなるものでは有りません、日本経済が幾度もチャレンジし、挫折し続けたデフレ脱却に向けた正念場になりそうです。

42BF0CB4-EFE9-41B0-B8C7-1B76DD4D0CB0.jpg

当社に置いても切実な問題、原価アップによる付加価値の減少には価格改定をご理解頂くしかございません、全社挙げてお客様にきちんとした説明、ご理解を頂けるよう真摯にお願いする以外方法はありません、当面は最重要案件として進めて参ります。




posted by オリカ産業常務取締役 at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

もはや安定市場

先日訪日客の4月迄の総数が過去最高を更新と発表がありました、至る所で外国人を見ることは今では当たり前の光景、街の小さな飲食店でも外国人が何ら違和感が無いほど溶け込んでいます、昔なら「えっ外国人いるやん」との反応していましたが、まだまだ増える外国人観光客、パリを追い越して世界No.1も夢の話ではありません、インバウンドはもはやブームではありません、完全な日本の新たな市場となりました。

どの様に取り込むか?ビジネスに対するアンテナが立っているかどうかで甘い果実になりますね。

京都では先週15日京都三大祭りの葵祭が執り行われました、どちらかと言えばあんまり派手なお祭りでは無いので、厳かに行われてきる感じですね。

京都御所をスタートし、上賀茂神社まで王朝絵巻を再現しながら練り歩く優雅なお祭りです。

たまたま練り歩く道沿いの所におりましたので建物の窓越しから少しだけ観ることができました。

この次は7月にある祇園祭、京都の季節は着々と進んでいます、間も無く梅雨入り、そして暑い暑い京都の夏。
産まれてこの方京都でしか住んでいません、他府県の方からは京都は寒くて暑い所で大変でしょうとよく言われますが、私的には京都以外での生活は考えられません、住めば都と申しますが、誰しも長く住んでる所が一番でしょう。

最近の季節は荒れますね、夏の様な気温になったかと思えばまた一桁近い気温に下がったり、体調管理は大変ですね。
こんな季節で風邪をひかれている方も多くいらっしゃいます、体調管理に注意し、今週も頑張って行きましょう。


posted by オリカ産業常務取締役 at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png