2019年06月23日

今時の悩みは同じ

働く世代の負担である、潜在扶養率の世界統計が発表されました。

残念ながら該当国では我が日本が負担率世界一となったようです。

国連経済社会局の統計発表によるものです、少子高齢化の影響で年金加入者である生産年齢層の負担が増している現状が浮き彫りになりました。
10月には消費増税が予定されており、益々、税、社会基盤に対する負担は増す一方、働き方改革による労働時間短縮の副作用で残業手当が減少、企業では生産性の改善も大きな課題となり、労働力に対する報酬の在り方も変わらざるを得ません、企業の生き残りは益々厳しさを増しています。


話は変わりますが、当社でも同じ悩みを抱えています。
341068CF-7515-478A-8CF7-8F7799BA7186.jpgA9DD28E5-DB96-4E58-9892-3D4A1C164206.jpg
苦労して新卒採用した若手社員の離職問題です、本人事情の原因もありますが、働き方自体の変化に当社がついていけていない、現在の労働環境、考え方の変化に対応出来ていない事を認識しなくてはなりません。

大学を卒業して、意気揚々と社会に出た新社会人、学生気分で夢を追いかける時期と社会人としての不安が交差するタイミングです、当然働く事自体の価値観にもぶち当たります、友達など周りから浮かれた情報もまた拍車をかけます。

そんな事を繰り返しなら年月が過ぎ大人の社会人と成長していきますが、ここで自分の価値観です、俺はこんなに仕事が出来るよになった、もっと評価してもらっても良い、他にもやりたい事が芽生えてきた・・.と悩みだします。

入社3年位までは会社としては教育期間として半人前ながら一人前の社会人として扱いますが、当たり前ながら利益貢献なんてレベルには達していません。

会社は会社として、真逆の方向からの見方で中々意見は噛み合わない、そんなこんなで会社に見切りをつけ転職と・・・

夢、ワクワク感、こんな事を感じてもらえる企業、組織になりたいと日々願っています、でも願うだけではそんな企業にはなれません、何事も真摯に受け止め、出来ることから少しずつ変わって行くことしかありません、どこの企業も同じだとこんな記事を見てちょっと気持ちが楽になりました。
ジェネレーションギャップと表現しますが、この言葉昔からありますよね、ミドルは若い人達の考え方、環境が違う事をこの一言で済ませようとする風潮がこれも昔からある様思いますが、私の若い頃と現在では変化のスピードは格段に速くなった事は現実として捉えなければなりません。


posted by オリカ産業常務取締役 at 06:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

ハワイより

先日ハワイよりあのドーナツがやって来ました。
21567295-C2D8-489A-89F1-97F98D1A4D72.jpg
皆さんご存知のマラサダ
京都高島屋で催事で販売されていました、以前にもありましたので定期的に出店しているようです。
6126D549-D40D-4841-BF9C-F2182E5D7930.jpgC72724A8-353E-4877-A3CE-B6B34B3D7BA1.jpg
でもやっぱり揚げたてですよね、残念ですが冷めたら普通のドーナツになっていました。

話は変わりますが、連日廃プラ問題への対策が新聞紙面を賑わしています。
決定打が無い問題、試行錯誤を重ねながら効果を模索する事になりそうですが、絵に描いた餅にならないよう祈るばかりです。




posted by オリカ産業常務取締役 at 06:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

初めての経験

今月27日開催予定のG20、大阪では史上空前規模での規制が敷かれます。
我が国としても未だ経験のない規模の国際会議、アメリカ、中国、ロシアなど世界の大国トップが集うG20、どんな事になるのか想像もつきません。
4B23DD31-64E2-4BC5-AC6D-4D732EA432D3.jpg

当社もどのように対応するか未だ決め兼ねています、今後行政、お客様の対応に合わせることになると思います。


話は変わりますが、オープン当初注目を浴びていました、GINZA SIXですが先日久しぶりに行って参りましたが、以前の活況を感じませんでした、テナントの入れ替えも有りましたので、決して良い状態ではない事は推察できます。

この施設は歩合での契約では無いようですのでテナント料金は固定の為、売上が多くても少なくても費用は固定で支払なくてはいけませんので、辛抱できない所が出てきたのでしょうか、銀座ど真中の高級路線でしたが、消費者の心変わりに合わせきれていないのでが原因なのか?

E0963402-F846-42F8-AC6F-8B3864EFCAA3.jpg
30D2AE59-1A5E-4D22-8FEE-866598782659.jpg




posted by オリカ産業常務取締役 at 05:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

何が正しいのか?



政府環境省が小売店で配布されてるレジ袋の有料化を法制化しようとしている事を発表しました。
DBC71141-486A-4E89-AC68-DD66B95702B2.jpg

海洋ゴミ問題から端を発したプラスチックゴミ問題、何が正解なのか?使う事を悪とする風潮に拍車がかかってきました。

でも有料化し、徴収したお金はどこにいくのやら?

かねてから感じていますが、私達包装容器のプロとして、環境問題に100%の解決策がない事を理解しています。
此方を立てればこちらが立たないとメリット、デメリットが混在するのです。

そりゃあ包装もせず、食品を流通出来ればそれほどよいことあは有りませんが、物理的に不可能です。

また包装しない事で食品自体の品質劣化から食品廃棄という無駄に繋がります、リサイクルとは聞こえが良いですが、リサイクルする為の資源、エネルギーが消費されます、どちらが良いのか?

今のように便利な世の中では必要な物が必要な量、タイミングで手に入ります、それは即ちエネルギーの消費に繋がります。
昭和初期の様に市場や商店街の魚屋、八百屋、乾物屋等どのお店も新聞紙や広告紙を再利用し、包装に利用していました、食品衛生上よくない事は今の時代明らかですが・・

毎日買い物に行き、その日の必要な食材を購入し、調理し食していたのです、お正月も同じこと、三ヶ日は何処も休業、日持ちのするお煮しめで三ヶ日しのげる食品を確保し、何もせずゆっくりとお正月を過ごしたのです。

こんなコメントも・・
テレビで活躍されてる武田邦彦さんがこんな事を仰っています。

以下ネットよりのコピー


環境に良い製品「レジ袋」をなぜ排除しようとするのか?

もともと日本人は集団性が強く、周りを強く意識していますが、「和をもって尊しとなす」といっても、周囲とうまくやろうと思って、ウソをつくのは好ましくありません。今回はその一つの「レジ袋」と「プラスチックごみ」の問題を取り上げて、読者の皆様とご一緒に考えてみたいと思います。

レジ袋というのはプラスチック製品の中でも格別、「環境に良い製品」です。理由は簡単で、

  1. 石油の中でもっとも安価(エネルギーが少なくてできる)
  2. 石油の中でつねに余り気味
  3. 製造工程が進歩していて無駄が少ない
  4. 3回から4回も使える
  5. 最初は買い物用、途中では子供に持たせたり、汚いものを包んだりでき、最後はごみ捨てにも使える
  6. 水を通さない

という特徴があります。


皆さんどう感じられますか?


posted by オリカ産業常務取締役 at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

程々に

もったいない、食品の廃棄からの続きですが。
先日アジア出張時の朝食ブッフェでのシーン。

パンにバターをとポーションタイプのバターを開封しようとすると、やっぱりアジアこんなもんやなぁと感じていた自分、日本ならありえないと比べる自分でした。

日本品質ならこんな斜めには破れません、キッチリとめくれて剥がせるでしょうが・・・
E1C643B9-F2C9-4A27-A2A4-6D3462940AEC.jpg

さてこの事例どう捉えるべきか?
こんな所にお金や手間をかける日本と感じるか?
そんなんどうでも良いやん?品質に影響ないし。

難しい?こんな捉え方の延長線上に食品など商品の過剰品質になっているのか?

なんでも程々がやっぱりバランスが良いんでしょうね。

話は変わって今旬の関心ごと。

このレベルでないです、もっと根っこの部分から変えないといけませんが目指すはこのレベルです。
D7B55330-A723-4B93-8304-F17353916EF4.jpg

味の素さんは進んでますね。
BDFCDE01-70D7-4F11-B8B7-F0D939BFADF7.jpg
当社もこうありたいのですが・・
禁煙者の不公平感が・・・ありますが、喫煙者はストレスの解消は喫煙でとやめる気配なし。
周りへの影響もさる事ながら本人の健康の為口うるさく言っていますが、聞く耳持たずってとこでしょうか。


posted by オリカ産業常務取締役 at 06:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

もったいない


食べ残しのお話。
499BC061-1A88-4782-A058-A6C15421A0FA.jpg
日本の食品に対する過剰な対応が大きく影響しているようですね。

私達が生業とする日本の食品業界は本当に厳しいと実感します。

当社は食品容器の提供が生業ですが、海外製品を輸入するプロセスの過程で海外のサプライヤーから欧米の基準ならオッケーなのだが日本は厳しいからダメだと、日本の製品品質の厳しさを指摘されます。

確かに仕上がり自体がちょっと雑だなぁ、素材自体の色や風合の見た目が良くないとする・・・

品質に影響の無いところで拘った日本独特の品質基準が有るのです。

欧米のブランド製品の質の良さは皆さん実感の通りだと思いますが、ブランド自体が価値になっているブランドと一般的に流通している商品との差は歴然ですが、日本ではこの線引きが厳し過ぎるのではないでしょうか?

商品自体の品質維持は当然だと思いますが、パッケージにも同じ様な基準を求められますが、これがコストに跳ね返りますが、このコスト自体が認められない日本の環境になっています。

即ちこの基準が当たり前の認識になっていると言う事なのです。

この様な考え方が食品消費期限の3分の1ルールや、形の悪い野菜などの廃棄に繋がっているのでしょう。

客観的な表現になりましたが、私自身が消費者で日本人の感覚なのです、私自体この様な考えを変え勿体ない精神の日本の良き文化で行動を変えていきたいと思います。



posted by オリカ産業常務取締役 at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

戒め

外食業界の力が試されそうです。
B35B5A57-FFD3-4E4F-ADB6-77DA4184278C.jpg
昨年から続いている様々な値上げ要因から、堪らず値上を実行し、消費者から強烈なしっぺ返しにあう企業は少なくありません。

しかしながら現在の値上要因を払拭する事は一企業では不可能です。

人手の確保は企業存続にモロ影響を及ばしますから、確保の為には質はともかくまず人材確保に奔走する事はやむを得ない事象です。

そんな事からやはり気になるのは、労働生産性、世界基準では日本の低さを指摘されています、当社も同じ事、仕事自体を作業と捉える社員も少なくありません。

それは私達が築き上げた習慣、基準がそうさせているのでしょう。

これからは全社員が生産性、どんな付加価値を創出しているか?という事を意識、監視、改善に大きな力をかけなければならないと実感いたします。

改善は力なり

精神論では変わらない段階にきているのでしょう、自分自身への戒めです。
posted by オリカ産業常務取締役 at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

平成時代の負

実感していました。
そんな事が記事で明らかに。
69DBD33A-EEBC-4FEB-96E8-0BE667C901D0.jpg

バブルのツケを払う結果となった平成時代、社会保障を筆頭に消費税他納税負担が所得上昇より大きな負担となりました。

また典型的なのは携帯電話、インターネットの通信費、現代の若い人達は食費を削っても通信費にはコストをかけます。

安倍総理は声高々に賃金の底上げを唱えますが、パートタイマーなどの最低時給は上がりましたが、国民の大方を占めるサラリーマンの実質所得は上がっていないのが実情ではありませんか。

それが大きな要因となり消費者物価が上がらず、結果としてデフレ脱却に足踏み状態になっているようです。

まだまだデフレ脱却宣言には至りませんね。

日曜日の朝、京都の老舗パン屋さん『まるき製パン』に立ち寄りゴルフへと思い・・・


なんとこの列、一瞬やめようかと思いましたが、やっぱり口がその口になってました。
BEA25DD6-9B47-48D2-AD59-61BBC5446204.jpg50DAE561-3762-468E-8C6D-84F11C3A4EFB.jpg

posted by オリカ産業常務取締役 at 05:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

副作用

五月病が危惧される超大型連休後にこの記事です。

3DC5AAE7-622C-49E7-9ECC-123BD31C225B.jpg働く上でのストレスについての記事ですが、働き方改革の副作用も問題視されています。

有給休暇消化の義務化など企業にとってはコストアップ要因、生産性が低いと言われる日本にさらに上乗せ要因になる事は間違いありません、労働集約産業では休みが増えれば稼働時間=製品生産数
の単純な掛け算で生産性が悪くなる事は避けられません。
非生産部門ではAI、RDAなど最新技術を駆使して生産性の向上を目指す道筋は有りますが、インフラ整備には費用と時間が必要で企業の財務状況、人財も大きく影響します。

この問題に取り組まなければならない日本経済ですが、表面上労働者に高待遇な有利な規制に見えますが、本質はそんな簡単な事ではありません。
当面労働者には大きなストレス要因になる事は理解した対応を心掛けなければなりません。


又4月から新しく社会人となった方々を受け入れた私達にとっても神経を使う時期です。
CD8FB6C1-6810-4F78-BF17-5D11561CA058.jpg

今時やゆとり世代等の表現で今の若い人達と色眼鏡的感覚で接する事が多いと思いますが、タイプ別での接し方説明がなされています、私も参考にしたいと思います。

私の若い頃も同じことを言われていたのでしょうね。
世間、環境の変化が常にあり輪廻の如く回っているのでしょう。




posted by オリカ産業常務取締役 at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

流石永ちゃん

今日で長かった令和元年の特別連休も最終日、明日からはまた経済が動き出します。

令和を迎え、テレビ局の様々な番組で明仁上皇様の功績を特集する放映が有りました、改めて上皇様になられた明仁上皇には言葉では表せないほど感謝の気持ちと長年の国民の支えとして活動された事、お勤め頂いた事にお疲れ様でしたと心からお伝え申したいと思います、本当に足を向けては寝れない程感謝の気持ちで一杯です。


そんなタイミングでこの広告です。
さすがビックな永ちゃん令和元年を迎えた日、日経の1ページに自らの広告。
17680E56-47FE-4063-9F10-4E918C83FA37.jpg

騙され盗られた35億円の借金をたった数年で返済できる程稼げる事の出来る永ちゃんだからこそ。

日本国、日本人の誇りの自負からでしょうか、令和元年に多額の費用を投じてこの広告。

リターンを求めるような広告ではありません、自分自身の若かりし頃の写真を使い、自らの歴史の振り返りでしょうか。

私は若かりし頃から永ちゃんの大ファンです、私の人生の中にはキャロル、永ちゃんの歌が様々な出来事と共に思い出されますが、永ちゃんも私も歳を重ねました、若い頃からの不肖を世間様にお返しする事を意識する年齢になったのでしょう。

大型休暇で英気を養いました、明日からまた走って行きたいと思います。


posted by オリカ産業常務取締役 at 05:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
01.png